参鶏湯を食らう
ソウルで参鶏湯(サムゲタン)を食べたいなら、ココだー!
とガイドブックに載っていた『土俗村』に行って来ました。

地下鉄3号線景福宮駅1番出口から徒歩5分くらい。
よく考えてみると、今回の旅は地下鉄の出口から徒歩5分圏内をフラフラしてばかりですな。。。
e0193467_2155853.jpg

このとき風邪が多少悪化気味で普段よりも体力を奪われていたので、
栄養満点なサムゲタンはまさに今の私には最適の一品!

栄養補給せねば!





おやつの時間ちょっと前くらいでしたが、人気店とあって大盛況。
ほとんど地元の方のようで、ハングル語があちらこちらで飛び交っていました。
e0193467_21554767.jpg


ココの会計札はツッコミどころが満載で…。
e0193467_21563328.jpg

「計算の時きっと…」って、絶対必要だろ!とツッコミを入れたくなったり、
「カウンタじ提示…」って、「お会計時」だろ!ともツッコミを入れたくなったり。
こんな訳にしたヤツの顔を見てみたいもんですな。



こんな感じで一人で会計札にツッこんでいたら、食前酒の高麗人参酒が登場しました。
e0193467_21572247.jpg

これがまた「にゃ~ん」とも言えない味(というか、そういう表情になったと思う)。。。
私の様子を見ていたヨメは一口も飲まずにギブしていたので、代わりにもう一杯いってみるが・・・
やっぱり、「にゃ~ん」とも言えない味。。。
けど、これで風邪が治ってくれるんであれば…と思って、2杯分飲み干しました。うぅぅぅ。



注文してから10分くらいで、熱々なサムゲタン(₩13,000)が登場!
e0193467_21575114.jpg

スープは優しい味で飽きが来ないし、体もポッカポカに温まる。
鶏肉にはモチ米、銀杏?、そして高麗人参が詰め込まれていました。
スープだけでも美味しいし、それらの具とスープと一緒に食べてもまた美味しい!
言うことありませんな。
ただ、高麗人参だけは「にゃ~ん」になってしまいましたが…。土みたいな味ですね。



そういえば、どうでもいい話なんですが…。

この時、同じテーブルに家族連れが居て、その方達の方が先に注文していました。
それなのに、私達の方が先にメシが出てきたもんだから、父ちゃんメッチャ不満顔。
「アジュンマ!」と店員さんを呼び止めて、(おそらく)文句を言っていました。

父ちゃん:「おいおい。俺たちの方が先に注文してるんだよ。何でこいつらの方が先なんだよ。」
店員さん:「あー。そうね。はいはい。すぐ持ってくるわよ。」


といった感じで、父ちゃん軽くあしらわれてしまいました。
これだけお客さんが居るので、オーダー順を間違えるというのは日常茶飯事かもしれませんね。



さてさて。サムゲタン以外にも、このでっけぇ海鮮チヂミ(₩15,000)を食らいました。
e0193467_21583175.jpg

おいおい食えんでー…と思っていましたが、ぺロリと食べちゃいました。
表面はこんがり焼けてサクッとしてるけど、中はふんわりしているからて次から次へとガッつけて、
あっという間になくなっちゃったのよね。うまかったぁ~。



ココのカクテキはめちゃくちゃうまい!らしいです。(ヨメ談)
私は明洞餃子のキムチにビビって手も足も出ませんでしたが、
ヨメが無言でガッつき&おかわりしていたので、そうなんだろうなぁ~と思って見てました。
e0193467_2159781.jpg

カクテキはテーブルに置いてある壺の中に入っているので、好きなだけどうぞ!


こんな感じで、お互い満腹状態で土俗村を後にしました。
ガイドブックを素直に信じて良かったです。うまかった!

ちなみに、私の風邪は次の日には治まりました!
ただ、サムゲタンが良かったのか高麗人参酒が良かったのか…。
どっちなんだろう。。。
[PR]
by bagus-bintang | 2010-02-25 22:01 | 2010.01 ソウル
<< 東大門を散歩 景福宮もついでに散歩 >>