お湯ざんまい
というわけで、宿にある足湯ルームへGO!
…って、部屋のすぐ目の前にあったので、そんなに張り切らなくても良かったんですが…。
e0193467_22141118.jpg

宿の足湯ルームはライブラリと併設となっています。
ライブラリには洒落たジャズナンバーがフロアに響いていて、
「大人な休日」って感じの良い雰囲気を醸し出していました。





年始という事もあって、本棚には鏡餅と虎の人形が。。。
e0193467_22152385.jpg


こちらのコーヒーは飲み放題。
足湯に浸かっている間、冷えた上半身を温めるにはもってこい!ですね。
e0193467_22154783.jpg


そして、こちらが足湯ルームで、半オープンな造りになっています
足元が冷えてきたので、さっそく湯に浸かってみましたが・・・。
e0193467_2216126.jpg


あっちぃ!!


外気温との温度差があるからでしょうが、最初のうちはとにかく熱かった!
慣れてくるにしたがい、足元からポカポカしてきて、い~湯加減になりましたけどね~。

ここの宿では「綿の湯」と「万代鉱」という2種類のお湯を扱っていますが、
足湯は「万代鉱」だと思います。「綿の湯」は白濁だったってだけで、聞いたわけじゃないですけど…。


さて。今度はお風呂に行ってみましょ~う。
まずは、せっかくなので草津ホテル本館のお風呂から。
ちなみに、草津ホテル本館のお風呂に行く場合は、
事前に宿のフロントにその旨を伝えたほうがいいみたいです。(いろいろと手間が省けるんでしょうね。)


ってことで、浴衣に着替えて草津ホテル本館に向かいました。
e0193467_22171030.jpg


草津ホテル本館のお風呂についてはこちらを。
今回私が入浴したのは「賽泉の湯」の方でしたが、こちらは3種類のお風呂が用意されていました。
●泡風呂
●露天風呂
●ふつーの風呂 

個人的には「ふつーの風呂」が一番良かったな~。
他のお風呂は結構温くて、少々熱め湯が好きな私には物足りなく感じました。
あと、露天風呂は狭い(大人3人が入るとキツキツ)のが難点でしたが、
ま、その辺は譲り合いの精神で。。。お湯の質は言うまでもなく良かったですよ!


そんな感じで1時間近く湯を存分に愉しみ、体をポカポカにしたところで宿へと戻りました。
もうすぐメシだしー。
草津ホテル本館の正面からは宿の外観が見えますが、暗くなるとこんな感じで、
ブラインドを下げないと部屋の様子が丸見えになっちゃいます。
e0193467_22181235.jpg

1Fにフロント・ラウンジ・お風呂があり、2Fは食堂。3・4Fに宿泊部屋があります。
私達が泊まったのは、3Fの真ん中の部屋ですね。あ~っと、足湯も3Fです。


夕方の6時ちょっと前ですが、人影がまばらになってきました。外、寒いしね~。
e0193467_22184664.jpg


そろそろ夕食の準備ができた頃かしら?ハラ減ったなぁ~。
って思いながら2階の様子を確認しつつ…。
e0193467_22192829.jpg


お待ちかね!夕食の時間です!
[PR]
by bagus-bintang | 2010-01-13 22:57 | 2010.01 草津
<< 綿の湯の夕食 ★草津1日目★ 綿の湯 >>