カテゴリ:2010.07 バリ島( 24 )
Tandjung Sari ... Mi goreng
前夜に食べたブブルアヤムと同じで、とっても優しい味がするタンジュンサリのミーゴレン。
e0193467_22442718.jpg

スパイスに刺激されて、またヤツが暴れだしたらどうしよーって恐る恐る食べ始めたけど、
これだったら全然大丈夫!

ただ、濃い~味好みな私にとっては、ちょっと物足りなかったかな~。
個人的な感想だと、アリラマンギスで食べたミーゴレンの方が私好みでございます。

ナシゴレンも食べたかったけど、それは次回の楽しみにとっておこう。
[PR]
by bagus-bintang | 2011-02-15 22:51 | 2010.07 バリ島
Tandjung Sari ... BAR
ごん太に行った時に思った事。


アレ、飲みたいなぁ…。」


ってことで、タンジュンサリのバーでアレ…ことBINTANG☆を一日ぶりに解禁!
e0193467_2215276.jpg


我慢しても相変わらずばりっぱら状態継続中だったので、
飲んでも飲まなくても結果が同じなら、飲んだ方がいいや…ってことがその理由。
飲みたくても飲めない状態が続いた中で訪れたこの瞬間は、まさに至福のひととき」
幸い、地獄のひととき」は訪れる事なく、平和な時間がそこには流れていました。




私達はタンジュンサリのバーが大好きです。
特に、波のような形をしたちょっとユニークなバーカウンターに座って、
BINTANG★片手にスタッフとお喋りするのが好きなんですよね~。
うまく説明できないけど、ここで過ごす時間が私達一番のお気に入りであることは確か。
e0193467_20451034.jpg



おなかがちょっとだけ減っていたので、
夜食代わりにブブル・アヤムとブラックライス・プディング(どちらもRp.30,000)を食べました。
ブブル・アヤムはと~っても優しい味!体調が優れない時には持ってこいかも!?
わざわざお茶漬けなんて食べに行く必要なかったですわ。
e0193467_20431122.jpg


この日、私達の話相手をしてくれたスタッフはコマン君。
ウチのヨメお気に入りの彼は、前回来たときも話相手してくれました。
来る前は「ウチらの事なんか覚えてないよね~」ってヨメと話していたけど、
ちゃんと覚えていてくれたのは嬉しかったなあ。
e0193467_22193287.jpg

バリ島の地図を見ながら、私達が旅してきた場所やコマン君の生まれ故郷の話などなど…
日本語・インドネシア語・英語を織り交ぜながらというメチャクチャな会話だったけど、
楽しいひとときを過ごすことができました。



このまま時が止まってくれれば良かったのにな。
[PR]
by bagus-bintang | 2011-02-06 22:22 | 2010.07 バリ島
ごん太
サヌールのHardy'sへ買い物に出掛けた時のこと。
向かいからやって来たベモの助手席に、威厳たっぷりに(どどぉ~ん!って感じで)座っていた『ごん太』のマスター。

そんなマスターを見て、「そうだ!ごん太に行こう!」っていうことでヨメと意見が一致し、一杯いただいて来たわけです。
ランチ抜いてたから、お腹も減ってたし。
e0193467_2321588.jpg

ごん太のメニューは前回来た時とちょっと変わっていたかな?
「ラーメンチャンプルドライ」やら「ざるラーメン」などなど…メニューが増えてた気が。。。
でも、結局は無難に「塩」と「醤油」(どちらもRp.48,000)に落ち着く私達。

こんときの腹具合がアレでしたからなおさらそう思ったんでしょうが、
食べ慣れた味っつーのは、やっぱりホッとするもんですね~。
[PR]
by bagus-bintang | 2011-01-19 23:09 | 2010.07 バリ島
Tandjung Sari でのんびりと…。
7月のバリレポに戻ります。

朝食後はホテル内をてくてくと散歩して、プールサイドでひと眠りして、バーで寛いで…
なんて感じで完全休養モード。
e0193467_8355058.jpg


ぐぅスカとひと眠りして目が覚めたときには、もうランチの時間でした。
大して動いていないのでおなかが空いていなかったし、ばりっぱらも気になっていたので、
結局ランチは食べませんでしたけど…。
e0193467_2056651.jpg


その代わりに、お茶とクッキーだけはいただきました。
クッキーはうまいんだけど、そろそろBINTANG飲みたいな~。
e0193467_837935.jpg


タンジュンサリのバーは、私達お気に入りの場所です。
インドネシア語も英語もロクにしゃべれないけど、
ここでスタッフとおしゃべりして過ごす時間が大好きなんですよね~。
e0193467_8373987.jpg

この時のバースタッフは、昨年もお世話になったディディ君。
昨年話した時には日本語を勉強してるってことだったけど…まだまだって感じでしたねー。
やっぱり、日本語はムズカシイようです。



それにしても、今回の旅行でもっとも悔いが残ったのは食事でした。
旅行前にはMETISのチーズバーガーVILLA AIR BALIのフレンチHandayaniのバビ・グリンは必須~!
なんて計画していたものが、ばりっぱらのおかげでぜ~んぶパー。
すごく楽しみにしていたんだけどなあ。。。

食べようと思えば食べれたんですけど、無理して食べて後悔するくらいだったら、
体調万全で楽しく食べたいですしね。

なので、これらは次回の楽しみにとっておきます。
次回がいつになるか分からんですけどね。。。
[PR]
by bagus-bintang | 2010-12-04 10:05 | 2010.07 バリ島
Tandjung Sari ... Landscape & Breakfast
ばりっぱら発症から一夜明けたこの日の朝。

相変わらずハラの調子は悪いけど、ランニング・長袖の下着・トレーナーを着こんで寝て、
汗をいっぱい掻いたおかげで熱は下がってました。

体が軽くなったし、何よりハラが減って食物を欲しているのは回復の兆し?
とはいえ、油断は禁物なので安静にしているのが一番なんですが、
外の空気を吸いたいし朝焼けも見たかったので、ビーチサイドに繰り出しました。

チャンディダサでは天気に恵まれなかったけど、サヌール滞在中はずっと快晴でした。
ただ、それと引き換えにばりっぱらになるなんて、ツイてないですね。。。
e0193467_11434355.jpg


普段はジョギングや散歩している人で賑わうビーチサイドのジョギングコースも、
この日は人影が少なかったかな~?
プールサイドの周辺も、掃除をしているスタッフがいるだけで他に人影がなく、
写真だけだと静かな朝を迎えているように見えるけど…。
e0193467_2191933.jpg


実はちょ~っと大変なことになっていたレストラン周辺。
木の枝をバッサバサ切り落としていたので、枝を切る音や枝が落ちる音やらで騒がしい。。。
滞在した3日間、毎朝切り落としていたけど、どんだけ切りゃあ気が済むんだろう??
梯子の掛け方もな~んか頼りない感じだし、命綱なしでよくやるなあ。
e0193467_2194372.jpg


なんだか危なっかしい光景に毎朝ヒヤヒヤさせられたもんですが、
この方達、レストランがオープンする前には撤収してました。
e0193467_11475980.jpg


そろそろレストランがオープンする頃かな~?
e0193467_11484859.jpg

というわけで、部屋に戻って出すもん出して(こんなんばっか…。)、いざ朝食へ!

More
[PR]
by bagus-bintang | 2010-11-20 12:11 | 2010.07 バリ島
お茶漬け食べたい。。。
チェックイン後の騒動も落ち着いたので、ウェルカムドリンクを頂くためにレストランのBARへ!

お酒なんか飲んでる場合じゃないけれど、「お酒は旅の必需品」ですから!
それに、「毒をもって毒を制す」って言うし、
無理矢理にでも飲めば気分が変わるかな~なんて思っていたわけですよ。

ま、そんな馬鹿なことを考えない堅実なヨメは、ホットジャスミンにしてましたけどね。
e0193467_752537.jpg


ホットジャスミンに添えられたクッキーを見て、
タンジュンサリのクッキーがと~ってもおいしかった事を思い出した私。
そんなクッキーをじーと見ていた私にヨメが「食べる?」って聞いてきたけど、
気持ちは欲しているけど体はクッキー欲していない悲しい状態なんです。。。


そう。この時の私は日本食が食べたくて仕方がなかったんです。しかもお茶漬けね。


というわけで、この日の晩ごはんは、ダナウタンブリンガン通り沿いにある
炉端焼き ここや」で鮭茶漬けを食べました。
お茶漬けでも食べれば、少しはホッと落ち着くかな~って思っていたんですけど。。。
e0193467_21195268.jpg

ところがところが、次第に寒気がますわ熱っぽくなるわで、
いつの間にかヨメ以上に体調が悪くなってしまった私。

結局、そそくさとお茶漬けだけ食べて、帰りは寄り道せずにホテルに戻り、夜9時くらいには就寝。。。


という感じで、ハラとケツの具合ばかり気にしていたサヌール初日でした。


ま、初日だけじゃなくて帰国日までハラとケツの具合を気にすることになった訳なんですが、
そんな状態だった私達の移動手段として活躍したのがベモ
e0193467_21202780.jpg

サヌールの移動手段はチャリンコで…と考えていたんですが、
いつ飛び出して来るかわからないアレがある以上、
チャリンコは危険と判断した私達。

そんなわけでベモを利用しまくった訳なんですが、
今回がベモデビューだった私達はベモで幾ら払えばいいのかも分からず…。
ベモに乗るなんて考えていなかったので、相場を調べてなかったんですが、
とりあえずRp.10,000から始めて、Rp.3,000ずつ減らしていく作戦にしてみました。

結果はこんな感じです。
①Rp.10,000 → OK
②Rp.7,000 → OK
③Rp.4,000 → NG (+Rp.1,000でOKしてもらいました。)


ダナウタンブリンガン通りをフラフラする分には、
Rp.5,000を払っておけば文句は言われないという事が分かりました。
(それでも払い過ぎかもしれませんが…。)

日本円にして考えてみれば、なんともセコい作戦ですけどね。
[PR]
by bagus-bintang | 2010-11-14 21:51 | 2010.07 バリ島
Tandjung Sari ... Village Bungalow #3
ヨメの街便騒動を乗り越え、何とかサヌールの宿に到着した私達。
昨年に引き続き、今回もタンジュンサリに泊まります。

待ちに待った一年ぶりの再訪。
「や~久しぶり!元気~?」なんて言いながら、
スタッフとハグし合う光景を勝手に想像してはニヤニヤしながら過ごした旅行前。

それほどこの瞬間を待ちわびていたのに、現実はもはやそれどころじゃない私とヨメ。
とにもかくにも、この時の最優先事項はトイレでした。

そんな状態だったので、宿に着いてから部屋に入るまでのことを全く覚えてません。
ただ、腹痛をアピールする私達に、スタッフがポットを持って来てくれたことだけは覚えてます。
こんなちょっとした心配りにコロッといってしまう単純な私ですが、ひと仕事を終え、
温かいお茶で一息ついたところで、部屋の写真を撮りはじめました。
e0193467_17513897.jpg


というわけで、前置きが長くなりましたが、village bungalow #3 を紹介します!

More
[PR]
by bagus-bintang | 2010-11-03 18:07 | 2010.07 バリ島
バリ島・東部ツアー @ BukitJambul & Kusamba
マハギリからクサンバ村へ向かう途中、ブキッジャンブルへ寄りました。

ライステラスとして有名なブキッジャンブルですが、滞在時間は5分ほど。
この先、1時間以上車で移動ということだったので、ちょっとだけ小休止です。
e0193467_1814818.jpg


景色はまあまあでしたが、それほどの感動はなかったです。
(全ては中途半端な天気のせいだと思っていますが…。)
こうしてみると、大山千枚田と似たような景色だなあ。
e0193467_183318.jpg


さて。ブキッジャンブルはそこそこに、いざクサンバ村へ。
当然、クサンバ村に寄る目的は、塩をGETすること。
昨年、『Inti. BALI』でクサンバの塩を買って以来、この塩の虜になってしまいました。
そこで、今回は直接現地で購入しよう!という計画を立てたわけです。

ブキッジャンブルからクサンバ村までの道のりは長かったけれど、ようやく到着したっぽい。
なんだかよく分からない場所ですが、この道を進むと製塩所があるようです。
e0193467_1841574.jpg


製塩所に着くと、天日に干された海水と塩の結晶たちが、所狭しと並んでいました。
ちなみに、天日に干す海水は、何度も濾過したものなんだそうです。
e0193467_1844298.jpg


クサンバ産天然塩ができるまでの工程は、ポーズをビシっと決めてくれた、
この製塩所のおっちゃんが説明してくれました。
e0193467_6465444.jpg

このおっちゃん、天日に干す濾過した海水やにがりを「試してみろ」と強引に勧めてきたので、
ヨメとともに試してみましたが…。
試さない方が良かったかも!?な話なんですが、何はともあれクサンバの塩を無事にGET!!


そのクサンバの塩を使って作ってみた料理が、こちらの鶏ハム。
写真は、鶏モモ肉2枚をクサンバの塩漬けにして、ラップでぐるぐる巻きにしたもの。
このまま2日間塩漬けして、あとは鍋に入れて煮立てれば出来上がり!という、おいしくて簡単な料理です。
※本当は、凧糸でぐるぐる巻くみたいなんですが、面倒くさいので省略してます!
e0193467_1862999.jpg

きゅうりやカブの浅漬けなんかに使用しても良さそうですね♪

さーて。次は宿泊地のサヌールへGO!

omake
[PR]
by bagus-bintang | 2010-10-31 18:51 | 2010.07 バリ島
バリ島・東部ツアー @ Sensatia & Mahagiri Restrant
ずいぶん寄り道してしまいましたが、7月渡バリ・後半戦のレポを開始します!

この日は、アリラ・マンギスから次のホテルへの移動日です。
この移動日を利用して、バリ島の東部ツアーを組みました。

そのツアーで最初に寄った場所が、Sensatia(センセイシア)の工房。
アリラ・マンギス(ウブドも?)でアメニティ品として提供されている石鹼やスパのオイルは、
ここの工房で作っているそうなんです。

そんなこともあって、気になっていたSensatiaの工房でしたが、訪ねてみると改装工事中?のため、
いろんなもんが散乱していました。
こんな場所で石鹸やオイルを作ったり売ったりしているとは、とても思えない…。
e0193467_6565767.jpg


工事中ということもあって、石鹼工房の様子を見ることはできませんでしたが、
石鹼は買えるということなので、工房の2階に案内してもらいました。
e0193467_6574810.jpg


こちらは2階にある倉庫みたいな場所。
ここに置いてある商品から購入したい商品を選ぶわけですが、値段が打ってありません。
値段は、お店から渡されるプライスリストに記載してあります。
e0193467_19172286.jpg

ちなみに、Sensatia購入したものと値段は、こんなんです。

★石鹼
tea tree & lemon myrtle (115g-$2.50)
tea tree , rosemary & lavender (25g-$0.55)
volcanic sand exfoliator (25g-$0.55)
cocoa butter (25g-$0.55)
balinese herbal lulur blend (25g-$0.55)


★オイル
seaside citrus body oil (100ml-$9.00)
daily botanical scalp stabilizer (25ml-$8.00)


石鹼は、お土産。
オイルは自宅用なんですが、まだ使っていません。
これからの季節、乾燥しやすい私の肌対策用に、ちょっとずつ使っていくつもりです。

さて、Sensatiaで買い物をした後は、Mahagiri Restrant(マハギリ) へGO!

More
[PR]
by bagus-bintang | 2010-10-24 20:25 | 2010.07 バリ島
ALILA MANGGIS ... Landscape -3
こんな天気になるのをずっと待ってたんだよな~。

…っていうくらい、最終日の朝はこの2日間とはうって変わってお天気に恵まれました。
「おい!晴れたでー!」ってヨメを叩き起こしたくらい。
この日は移動日&アグン山を見に行く予定でもあったので、どうしても晴れて欲しかったんですが、
どうやらその願いが通じたようです。

さて、せっかく晴れた最後の朝は、散歩&撮影会となりました。
ほとんどプールの周辺をウロチョロしていただけですが、何度も同じ位置から同じ風景を見ても飽きないというか…。
ぜひともピーカンでの風景を見てみたいものですが、それは次回の楽しみに取っておきましょう。
e0193467_17561273.jpg


あとは写真だけのアップになりますが、これでアリラ・マンギスのレポは最後です!

More…似たような風景ばかりです。
[PR]
by bagus-bintang | 2010-09-19 20:37 | 2010.07 バリ島