龍山寺の福州元祖胡椒餅
これまで、ずっと、ず~っと気になっていたのに毎回食いっぱぐれていた福州元祖胡椒餅
昨年の台北旅行でようやく食べることができました。

お店は龍山寺にある細くて狭い路地裏にあるので、ついつい見逃してしまいそうです。
この人だかりが目印かなーっていうくらい、これといった目印がありません。
※路地の入口にお店の看板があったぐらいかなあ。。。

とりあえず一個だけ注文して、焼き上がりまで待つことにしました。(20分くらいだったかな)
e0193467_7542347.jpg


奥の調理場ではおばさんたちがせっせと胡椒餅を作っています。
それを焼き担当の兄さんが釜にセッティングしているわけですが。。。
e0193467_7545983.jpg


どれぐらい焼けるのか分からないけど、一つの釜で焼く胡椒餅の数がハンパないです。
これでもか~!!ってくらいセッティングしとりましたよ。
(楽しそうな作業なのでやってみたいな~って思いながら見てましたが。。。)
e0193467_75531100.jpg


そしてこちらが出来立てホヤホヤの胡椒餅(45元)。
アッツアツの胡椒餅は思った以上にズッシリしていて、
餡がギッシリ詰まっているんだろうな~って容易に想像できます。
e0193467_756186.jpg


ところが、出来立てはさぞウマかろうと思って何も考えずに「ガブッ!」とかぶりついたら、
アッツアツの肉汁が服に飛散&口の中をヤケドして、胡椒餅を味わう状況にはなく。。。
肉汁ほとばしる様子を撮る余裕もなく、この一個を食べ切るのに結構な体力を使いました。
「ガブッ!」とかぶりついちゃあダメですね。これは。

このことがトラウマになって胡椒餅はもういいかな~って思っていたけど、
台北旅行を控えた今は、もう一回食べたい!って思ってます。

今回の反省を生かして、次は胡椒餅をじっくり味わえるといいな~。
[PR]
by bagus-bintang | 2012-09-29 08:54 | 2011.10 台北
<< 淡水の夕焼け 寧夏路夜市の絶品カステラ >>