お茶漬け食べたい。。。
チェックイン後の騒動も落ち着いたので、ウェルカムドリンクを頂くためにレストランのBARへ!

お酒なんか飲んでる場合じゃないけれど、「お酒は旅の必需品」ですから!
それに、「毒をもって毒を制す」って言うし、
無理矢理にでも飲めば気分が変わるかな~なんて思っていたわけですよ。

ま、そんな馬鹿なことを考えない堅実なヨメは、ホットジャスミンにしてましたけどね。
e0193467_752537.jpg


ホットジャスミンに添えられたクッキーを見て、
タンジュンサリのクッキーがと~ってもおいしかった事を思い出した私。
そんなクッキーをじーと見ていた私にヨメが「食べる?」って聞いてきたけど、
気持ちは欲しているけど体はクッキー欲していない悲しい状態なんです。。。


そう。この時の私は日本食が食べたくて仕方がなかったんです。しかもお茶漬けね。


というわけで、この日の晩ごはんは、ダナウタンブリンガン通り沿いにある
炉端焼き ここや」で鮭茶漬けを食べました。
お茶漬けでも食べれば、少しはホッと落ち着くかな~って思っていたんですけど。。。
e0193467_21195268.jpg

ところがところが、次第に寒気がますわ熱っぽくなるわで、
いつの間にかヨメ以上に体調が悪くなってしまった私。

結局、そそくさとお茶漬けだけ食べて、帰りは寄り道せずにホテルに戻り、夜9時くらいには就寝。。。


という感じで、ハラとケツの具合ばかり気にしていたサヌール初日でした。


ま、初日だけじゃなくて帰国日までハラとケツの具合を気にすることになった訳なんですが、
そんな状態だった私達の移動手段として活躍したのがベモ
e0193467_21202780.jpg

サヌールの移動手段はチャリンコで…と考えていたんですが、
いつ飛び出して来るかわからないアレがある以上、
チャリンコは危険と判断した私達。

そんなわけでベモを利用しまくった訳なんですが、
今回がベモデビューだった私達はベモで幾ら払えばいいのかも分からず…。
ベモに乗るなんて考えていなかったので、相場を調べてなかったんですが、
とりあえずRp.10,000から始めて、Rp.3,000ずつ減らしていく作戦にしてみました。

結果はこんな感じです。
①Rp.10,000 → OK
②Rp.7,000 → OK
③Rp.4,000 → NG (+Rp.1,000でOKしてもらいました。)


ダナウタンブリンガン通りをフラフラする分には、
Rp.5,000を払っておけば文句は言われないという事が分かりました。
(それでも払い過ぎかもしれませんが…。)

日本円にして考えてみれば、なんともセコい作戦ですけどね。
[PR]
by bagus-bintang | 2010-11-14 21:51 | 2010.07 バリ島
<< Tandjung Sari .... Tandjung Sari .... >>