九分ぶらり旅 part1
九分へは、路線バスを使用して向かいます。
今回、路線バスを使用するに当たっては、こちらのサイトを参考にしました。
ポイントポイントで分かりやすく書いてくださっているので、とても助かりました。

台北からだと、MRT忠孝復興駅付近(太平洋SOGO向かい側)にある『基隆客運』のバス停で待っていれば、
九分行きのバスに乗れます。
e0193467_20535571.jpg

それにしても、このデパート。無駄にでかい気がするのは私だけ?




バス停はこちら。
「金瓜石→瑞芳→中山高→台北」と書いてあるバス停が目印です。
九分へ向かう旅行者がこの近辺に集まっているので、それとなく分かると思います。
e0193467_20542032.jpg


バスはこちら。
電光掲示板に「台北xxxx金瓜石」と表示されているバスに乗れば、問題ないと思います。
e0193467_2055023.jpg

忠孝復興駅から九分までは、NT90$。運賃先払いです。
金額を料金箱に投入すると、運チャンから下の写真に写っている切符を手渡されます。
この切符は、降車時に運チャンに返す仕組みのようです。

そういえば、このバスの運ちゃん。
九分までの道のりをほぼ携帯で通話しながら運転してました。
こちら側からすればヒヤヒヤもんでしたが、そんな光景も台湾では当たり前なんでしょうね。
日本でこんなことしたら、すぐニュースになるんでしょうけど。
e0193467_20554352.jpg

バスは台鉄の松山車站を経由してハイウェイに乗り、また台鉄の瑞芳車站を経由して…といった感じで進んでいきます。
台鉄-バスを乗り継いで九分に行くプランもいいですね。

それにしても、九分に近づけば近づくほど天候が荒れてきました。
こりゃあ、いい景色は眺めらんねえなあ…と思っていたら、、、

まったく見えません。
e0193467_20561628.jpg

ここまで天候が悪いと、逆にすがすがしい気分に駆られます。
風が強くて横殴りの雨だったため、もはや傘をさしても意味がありません。


そんな天候だったために途方にくれていたら、コンビニで黄色い合羽を売っていたので、即購入・即着用!
そんな私達を含めほとんどの旅行者が黄色い合羽にたかっていたため、
黄色い集団が九分を占拠することに!
e0193467_2056432.jpg


早く着きすぎたせいか、まだ営業していないお店がちらほら。
ご覧の通り、建物が密集しているため、ある程度雨と風をしのぐことができました。
また、道幅がとっても狭いですが、そんな中を鼻歌気分で駆っているクーパーを見かけました。
アクション映画のワンシーンを観ている気分でしたね。
e0193467_2057980.jpg

本当は散歩したかったのですが、この雨ではその気も萎えてしまいました。。。
茶芸館であったかいお茶でも飲んで、ゆっくり過ごそうと思います。
[PR]
by bagus-bintang | 2009-11-19 20:58 | 2009.10 台北
<< 九分ぶらり旅 part2 ★台北2日目★ 世界豆漿大王で... >>