顎下腺唾石 摘出手術

ブログも始めたことだし、さっそく先々週に行ってきたバリの旅行記でも書こうと思っていたのに!

ひょんなことから、今日手術を受けてきました!
『顎下腺唾石症(がくかせんだせきしょう)』というヤツです。
あんまし、メジャーな病気じゃないっすね。。。



症状は、顎下腺とよばれる唾液が流れる通路を結石が塞いでしまうことで、
流れ出なかった唾液が溜まり、アゴが膨れる…といった感じ。
メシ時に起こりやすい。

この症状を治すには、結石をクスリで散らすか、手術で摘出…または自然治癒ということになります。

実は2年前にも同様の症状が起こりました。
その時はクスリが効かずに手術一歩手前まで行ったんですが、直前で症状が治まり(原因不明)、手術は中止。
以降いままで放置プレイです。

ところが、先週の土曜日にこれらの症状が起こり、たまらず病院へダッシュ!
でもって、今日結石の摘出手術を受けることになりましたが、手術は無事に終わりました!
30分くらいで終わんのかなーって思ってましたが、1時間30分も掛かってしまった。

自分のイメージしていた結石って、ゴマくらいの大きさだと思っていたので、
「何でちっちゃい石っころの摘出に時間が掛ってるんだよー!」って、何度も心の中で叫んでました。

100回くらい叫んだ頃でしょうか。。。

「取れた。」と先生の声。

パッと目を開いて、先生がピンセットでつまんでいる物体を見てビックリ!
何やら赤黒い物体が見えるのですが、こんなんがアゴの下にあったことが驚きです。

それでは、結石くんの登場です!
e0193467_2203642.jpg



ちょっと生々しいですが。。。(となりはクロレッツです。)
e0193467_9445461.jpg



写真撮るのがヘタッピなもんで、うまく伝わらないかもですが、ホントに気持ち悪いっすね。

そら時間が掛かるわな~って、これを見たときに思いました。
先生、お疲れ様でした!
心の中で文句を言ってしまってゴメンなさい。

手術したからといって特別な制限はなく、「普通に生活してください」と言われたので、メシは普通に食べました。
まだ、手術の痛みが残ってるんで、おかゆでしたけど。。。

でも、アゴが膨れないのが嬉しいっすね。
明日も昼・夜とおかゆ確定ですが、こんな調子で徐々にメシの強度(?)を上げて行こうと思います。

明日には、痛みがとれてますように。。。
[PR]
by bagus-bintang | 2009-08-19 22:38 | 日々のアレコレ
<< ★バリ1日目★ 2009バリ旅... ごあいさつ。 >>